© Association of Production Designers in Japan

美術監督協会について

入会案内

ADMISSION

Association of Production Designers in Japan

入会手続き

加入資格

  1. 映像産業における映画、テレビ、CM、展博などの製作作業のうち美術監督の業務を行う者であること。
  2. 組合の地区内に事業場を有すること。

美術監督として業務に対応している者を正会員として、助手として業務に対応している者を準会員として処遇します

加入申し込み

入会を希望される方は、協会事務局に、加入申込書を請求してください。協会員2名の推薦書とともにご提出ください。理事会において入会審査を行い承認されます。

加入承認後の手続き

加入承認の通知を受けたら下記金額を納めて頂きます。

  1. 出資金 1万円
  2. 賦課金(会費)
    正会員 年間36000円(月額3000円)

    準会員 年間18000円(月額1500円)

  3. 会員証及び割引入場証作成のため、顔写真 (3×2.5cm)を3枚つけてください。

以上の手続きが終了すると、会員証、割引入場証、定款、規約書などをお渡しします。
賦課金 (会費)の納入は郵便局自動振り込み、銀行振り込み、現金持参の方法があります。詳しくは事務局にお問い合わせください。

協会に入会すると

研修員の推薦

文化庁が派遣する「芸術家在外派遣研究員」(海外)及び「芸術インターシップ研修員」(国内)の推薦をいたします。

文化庁海外研修制度

毎年7月初旬に「新進芸術家海外研修制度」募集案内のパンフレットが当協会に文化庁より郵送されてきます。

応募資格の一例

18才~50才未満、研修期間1年間(他に2年・3年有)本人の希望する外国で日常会話程度の語学力、現地での受入承諾書(身元引受人)が必要です。
選考結果翌年2月、最終決定5月。渡航費、一年間の滞在費は文化庁から支給されます。

美術分野については、当協会の推薦が必要です。

詳細 http://www.bunka.go.jp

日本アカデミー賞協会への入会

希望者は協会推薦で入会できます。
映画館割引入館証の交付協会が交付する「映像三団体連絡会会員証」により、全興連加盟の映画館に一律1000円で入場できます。

映画手帳無料交付 (会員名簿付)

毎年12月に発行される「映画手帳」には映職連加盟団体会員、製作プロダクション、映像関連会社、団体、教育機関などの名簿、連絡先が記載されています。

芸能人国保への加入

協会員は芸能人国保 (健康保険) に加入出来ます。

団体保険への加入

協会が加入している全労済団体保険により災害、死亡保険の対象となります。

PAGE TOP